ワイヤークラフト紹介 亀甲網スタジオ

ウォールハンギングバスケット

こんにちは。Chikapenchi です。

 

今日はワイヤークラフトのお話。

 

ウォールハンギングバスケットを作ってみました。

 

 

 

今回は頑固自在のワイヤーを使用し

鳥付きのかわいいデザインで作ってみました。

 

 

ここまで作ったら、亀甲網をしていきます。

 

 

亀甲編みは頑固自在の1.6mmのワイヤーを使用します。

 

1.6mmなのでそんなに硬くなく編みやすいです。

 

 

 

 

(後ろの骨組みも入れます。これは亀甲編みの前に作業すべきですね)

 

この作品で約3時間、かかりました。

 

 

 

 

ちなみに、白の鳥さんの仕上がりが左右で違うのですが、

これは中心のハートからスタートすることで解消します。

 

(↓後日作り直したものがこちら)

 

 

さぁ!これに植物を植えてみよう。

 

私的には、実際に使えるかどうかがポイントなのです。

 

室内でフェイク植物を入れてみましたが、

 

 

這性&下垂性のものは、デザインの良さが消えるので

立ち上がりの小さいもの(多肉植物)を検討しています。

 

 

お楽しみに!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です