ベランダニュース

パンダガジュマルのお花

こんにちは。Chikapenchi です。

 

 

我が家のベランダガーデニング、

シンボルツリーの「パンダガジュマル」。

 

 

今年もお花が成長してきています。

こちらが、その姿。

 

丸い実のようなものが、お花なんです!

 

 

この実のようなものは花嚢と呼ばれています。

 

 

その実の中に花が咲くので、外からガジュマルの花を見ることはできないのです!

 

 

中に咲いているお花、、、見たい!!!

 

(でも花をいじることはかわいそうなのでした事がないです・・)

 

 

 

 

この花嚢は鳥に食べられることが多く、

野鳥の体内に入ることで実を遠く飛ばします。

 

鳥の糞に消化されていないガジュマルの実が含まれているので、

新たな場所で発芽することができるようになっているそうです。

 

 

 

面白いですよね〜〜。

 

3年ほど前に初めて花を付けたときの感動を覚えています。

(あれは育て出してから2〜3年後でした)

 

 

花が咲くということは、育てている環境が良い「元気」という事です。

 

7年目に入るガーデニングですが、まだまだ迷うこともいっぱいあります。

虫が発生して涙ながらに処分する子もいます。

 

 

でもこうやって元気に育ってくれている子を目にした時、

ホッとするとともに、嬉しい気持ちでいっぱいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です