ABOUT

Chikapenchi
日本カラーワイヤクラフト協会 認定 インストラクター

兵庫県神戸市のパン屋に双子で生まれる。

出産その時まで存在を知られず(お医者さんも気づかず)、姉を生んだ直後に母が「何かまだ出そうです」といって、姉よりも重たい体重で生まれてきたという逸話あり。

小学校から高校まで、私立の女子高に通い、たくさんの友達と姉妹のように育つ。勉強は苦手で、小さなころから図工・音楽・体育・家庭科などの副教科が得意な女の子。中学校から高校生の間は美術部に所属。物を作ることや絵を書くのが好きなことを実感しだす。

大学生からは海外に興味を持ち、英語の勉強に勤しむ。製パン製菓子、ワインなどの輸入卸・販売会社へ就職。プロの製パン、製菓子に触れる機会を多く持つ。

結婚してからは興味のあった料理、パン作り、お菓子作り、服作り、その流れで手芸全般にチャレンジ。同時期、料理に使うための野菜やハーブの自家栽培を開始。引越しを機に、2Fの小さなベランダでガーデニングを始める。

娘が生まれ、育児と仕事の合間にベランダガーデニングに癒される日々。

ガーデニングを始めて5年ほどたち、このベランダガーデニングを、自分の手でより良くできないかを考えはじめ、ガーデニング雑貨を自分で作ることを思い付き、ワイヤークラフトに出会う。

<高校時代:実家・パン屋>

パンの成形と仕上げ、販売に携わる

お客さんと関わる楽しみ、パン作りのおもしろさ、きれいに仕上げる楽しみと、出来上がったときの喜びを知る。

<大学時代:カフェ&インディアンジュエリー販売>

接客、調理補助、販売

販売(物を勧めて売ること)は苦手、接客は好きと気づく。カフェにて新しい人と出会う楽しみ、話を聞く楽しみ、新しいことにチャレンジする楽しみ、仕事を無駄なく回すために頭を使う楽しみを知る。

<社会人時代:製パン・製菓子・ワインの輸入卸・販売>

営業事務

営業、事務との連携を取って周りを見ながらバランスを取りつつ仕事をしていくことや、上司、仲間との関わり方など、すごくおもしろかったが、これを経験して自分は”会社”より”個人”の方がおもしろい&向いている、と思い、個人・個人店で活動したいと感じた。

<結婚後>

料理

お菓子作り、お酒好きも乗じて料理に凝る、ハーブや野菜を自宅のベランダで作ってみることにチャレンジし出す。親族や友達を誘ってご飯を作ってあげるのが面白くて楽しい。人が喜ぶ姿が好きだった。

パン教室へ

父が作っていたパンというものがどういうものなのか客観的に知りたくて、また、そのパンを自宅で(一般主婦目線で)作ってみたかったので、ホームメイド協会(現ホームメイドキッキング)のパン教室へ通う。発酵のシステムや流れ、タイミングなど見て学ぶことが楽しかった。

アクセサリー作り

独学にてアクセサリ作り。自分の好きな物を好きに作ることが好き。細かな物をいじるのが楽しい。

子供・大人服作り、刺繍、編み物

ミシンを使い服を作る。その中で刺繍も始める。東欧の刺繍柄に惹かれそれを使った小物を作る。かぎ針編みや棒針編みにもチャレンジ。実用的かつ実際に使える喜び。生地や糸、色など選ぶ楽しさ、黙々とミシン作業をするのも楽しかった。

スポーツ

子供のころは家族&習い事でテニス、20~30代にかけてはダンス(JAZZHIPHOP)を習い何度かイベントにも出演。ランニング・ヨガ・モムチャン・サイクリングなど、身体を動かすのが好き。

ガーデニング

何より緑が癒される。成長する植物のお世話をする楽しさはもちろんのこと、雑貨を購入しバランスを見て飾るおもしろさ、少しずつ植物を増やすことで置き場や飾り方を考えるおもしろさ、自分のセンスで可愛くできる寄せ植えが面白かった。周りからも好評で友人知人のガーデニングや庭の整備のお手伝いを頼まれることが増えた